医師紹介

はなおかIVFクリニック品川 不妊治療、体外受精クリニック 0357595112 ネットで診療予約

生殖医療を生涯の仕事と決めてから15年が経過しました。私が始めた頃は全例、全身麻酔をしてたくさんの卵を採取し、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と格闘の日々でした。この15年間で生殖医療はめまぐるしい進歩を遂げております。しかし、それでもまだわが子と抱くことができずにいるご夫婦もたくさんいらっしゃるのが現実です。

それぞれの方で妊娠しにくい理由が違います。原因が違う方に同じ治療をしていてもそれは時間と労力の無駄です。 しかし、そのためには、当院がたくさんの治療に対する引き出しをもっていなければなりません。そして、受けていただく治療内容に十分ご納得いただき、共にゴールに向かって進んでいきたいと思っております。

生殖医療に携わる医師として、一人でも多くの悩んでいる方の手助けとなり、一人でも多くの女性が愛あふれる母になれますよう、全力で取り組んでいきたいと思います。


略歴

1993年 東邦大学医学部卒業
東邦大学医学部第一産婦人科学教室 入局
1995年~1997年 大森赤十字病院産婦人科 出向
1997年~2003年 東邦大学医療センター産婦人科にて生殖医療チームに所属
2003年6月 学位取得
2003年11月~2010年3月 キネマアートクリニック理事長
2008年9月~ はなおかレディースクリニック 院長
2012年4月~ 医療法人社団 雙葉会 理事長
2014年8月~ はなおかIVFクリニック品川 開設

資格

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医(指導医)

はなおかレディースクリニックは2006年に開業し、多くのお子さんをご希望されている方の治療を行ってきました。

患者さまのご要望に応えるため、当クリニックは体外受精導入の方針といたしました。 現在6組に1組が不妊治療を受け、毎年27人に1人の子供が体外受精児です。

わたくしたち雙葉会は働く女性の立場に立っての医療を続けていくために新たなステップをスタートします。 アクセス抜群の山手線沿線、大崎駅徒歩2分の大崎ゲートシティー内にて体外受精をスタートします。


略歴

2004年 東邦大学医学部卒業
2004~2005年 三井記念病院にて初期研修 (一部は東京大学附属病院)
2006年 三井記念病院産婦人科
2007年~ 国立成育医療センター周産期診療部 レジデント のちに臨床研究員
2011年 学位取得
Decrease in High Human Chorionic Gonadotropin in Twin-Twin Transfusion Syndrome following Fetoscopic Laser Surgery Fetal Diagn Ther 2011;30(3):189-93.
2008年~ はなおかレディースクリニック
2011年 東日本大震災後時の医療支援  気仙沼市立病院  宮城県立こども病院
2013年 離島支援 沖縄県立八重山病院(石垣島)
2014年8月~ はなおかIVFクリニック品川 院長

資格

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本人類遺伝学会認定 臨床遺伝専門医
  • 日本周産期新生児医学会認定 周産期(母体・胎児)専門医

実績 〜生殖医療から周産期医療へ 胚から胎児へ

原著論文

Hanaoka M, Hayashi S, Saito M, Morita M, Sago H. Decrease in high human chorionic gonadotropin in twin-twin transfusion syndrome following fetoscopic lasersurgery. Fetal Diagn Ther. 2011;30(3):189-93. doi: 10.1159/000328456. Epub 2011 Jul 16.

Hanaoka M, Kubo T, Saitoh A. Discrepancy between human T-ell lymphotropic virus type I screening test and confirmatory tests in non-endemic areas. J Obstet Gynaecol Res. 2012 May;38(5):793-6. doi: 10.1111/j.1447-0756.2011.01786.x. Epub 2012 Mar 13.

Hanaoka M, Hisano M, Watanabe N, Sugawara K, Kambe Y, Kanda E, Sago H, Kato T, Yamaguchi K. Changes in the prevalence of the measles, rubella, varicella-zoster, and mumps virus antibody titers in Japanese pregnant women. Vaccine. 2013 May 1;31(19):2343-7. doi: 10.1016/j.vaccine.2013.03.012. Epub 2013 Mar 21.

Masachi Hanaoka, Naoko Arata, Haruhiko Sago. Change of maternal thyroid function in twin-twin transfusion syndrome [Advance Publication Released: July 18, 2015]
Endocrine Journa, 2015 EJ14-0509 (Now Publishing)

Masachi Hanaoka, Michi Hisano, Ikuko Hama, Keiko Tsukamoto, Reiko Ito, Yushi Ito, Haruhiko Sago, Akira Matsui, Koushi Yamaguchi. Hepatitis B virus surface antibody titers in babies administered hepatitis B immune globulin both intravenously and intramuscularly after birth. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine, 2015 (Now Publishing)

1、花岡正智, 渡場孝弥, 久保隆彦, 北川道弘, 名取道也, 松岡健太郎 : 壊死性臍帯炎による子宮内胎児死亡例. 日本周産期・新生児医学会雑誌44 : 1207-1210, 2008
2、花岡正智, 花岡嘉奈子, 都甲明子, 横田明重, 山口稔, 山口暁 : 日本人妊婦での風疹HI抗体保有率の1987-2009年における推移. 日本周産期・新生児医学会雑誌46 : 1291-1296, 2010
3、花岡正智, 渡辺典芳, 左勝則, 大石由利子, 菅原かな, 神部友香理, 久保隆彦, 左合治彦, 北川道弘 : 当施設における妊娠中の麻疹、風疹、水痘抗体保有率の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌45 : 1429-1431, 2009
4、花岡正智, 山口晃史, 久保隆彦, 名取道也 : HBV垂直感染のリスク. 日本周産期・新生児医学会雑誌45 : 1345-1349, 2009
5、花岡正智, 筒井淳奈, 久保隆彦 : 産科出血の臨床的検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌45 : 834-838, 2009
6、花岡正智, 武藤和弘, 高屋茜, 崎川牧子, 善利史子, 久保隆彦, 川名尚, 平原史樹, 小島俊行 : 風疹抗体高値にて二次施設に紹介された妊婦44例の報告. 日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌46 : 3-8, 2009
7、花岡正智, 高屋茜, 崎川牧子, 塚崎雄大, 中澤史子, 中山裕敏, 北條智, 柿木成子, 中田真木, 安田孝, 小島俊行 : 妊娠成立前後のリンパ節腫脹を契機に病理組織診断によりトキソプラズマ初感染が確定診断された2症例. 日本産科婦人科学会関東連合地方部会誌45 : 335-341, 2008
8、花岡正智, 久保隆彦, 全国周産期医療(MFICU)連絡協議会 : Rh(D)陰性妊婦のへの免疫グロブリン投与の適応拡大に関して. 日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)47巻1号 Page60-63(2011.05)
9、花岡 正智, 都甲 明子, 横田 明重, 山口 稔, 山口 暁:一次施設である当院における切迫早産母体搬送例の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)48巻1Page11-14(2012.05)
10、花岡正智, 中田真木, 北條智, 安田孝, 小島俊行 : 頸部延長型子宮脱の治療について. 日本女性骨盤底医学会誌4 : 130-132, 2007
11、花岡 正智(成和会山口病院), 山口 暁, 永野 玲子, 都甲 明子, 山口 稔, 横田 明重, 竹下 俊行:一次施設での新生児蘇生 NCPR 2010施行の実際. 日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964X)50巻1号 Page205-210(2014.05)
12、 Hanaoka Masachi (Division of Obstetrics, Department of Maternal, Fetal and Neonatal Medicine, National Center for Child Health and Development), Kubo Takahiko, Saitoh Akihiko:非流行地域におけるヒトTリンパ球向性ウイルスI型スクリーニング検査と確認検査との乖離(Discrepancy between human T-cell lymphotropic virus type I screening test and confirmatory tests in non-endemic areas). The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research(1341-8076)38巻5号 Page793-796(2012.05)
13、花岡正智 戸石悟司 Air Travel and Pregnancy 空の旅と妊娠(総説) 日本周産期・新生児医学会雑誌 第51巻 第4号 2015年12月(Now Publishing)

著書

1)花岡正智, 佐伯隆史, 種元智洋, 山口晃史 : 合併症妊娠 治療に難渋した特発性血小板減少性紫斑病(ITP)合併妊娠. 産科と婦人科75 : 742-744, 2008
2)花岡正智, 三浦裕美子, 渡辺典芳 : ハイリスク妊娠 妊娠高血圧症候群とRPLS 輸血適応の決定に苦慮した1例. 産科と婦人科76 : 865-868, 2009
3)花岡正智, 塚原優己:読み方がわかる! 説明できる! 産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! (第1章)妊娠中の基本検査を理解しよう! 血液検査 HCV抗体. ペリネイタルケア(0910-8718)2014新春増刊 Page039-040(2014.01)
4)花岡正智, 塚原優己:読み方がわかる! 説明できる! 産科の臨床検査ディクショナリー これさえあれば妊婦健診で困らない! (第1章)妊娠中の基本検査を理解しよう! 血液検査 HBs抗原. ペリネイタルケア(0910-8718)2014新春増刊 Page036-038(2014.01)
5)花岡正智, 久保隆彦:周産期医療におけるPros、Cons産科編 稽留流産で流産症状がみられていない場合、自然排出を期待して待つ. 周産期医学(0386-9881)43巻8号 Page959-961(2013.08)
6)花岡正智, 久保隆彦:弛緩出血. 周産期医学(0386-9881)42巻11号 Page1447-1451(2012.11)
7)花岡正智, 山口晃史, 塚原 優己: オフィス ギネコロジー女性のプライマリ・ケア 妊婦 母子感染の管理 B型肝炎, C型肝炎. 臨床婦人科産科(0386-9865)66巻5号 Page176-180(2012.04)
8)花岡正智, 久保隆彦:周産期医学必修知識(第7版) 産科編 (Part II) 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV-1). 周産期医学(0386-9881)41巻増刊 Page146-148(2011.12)
9)花岡正智, 山口晃史, 塚原優己:周産期診療指針2010 産科編 合併症妊娠と感染 HBV、HCV、HTLV-Iと妊娠. 周産期医学(0386-9881) 40巻増刊 Page278-282(2010.12)
10)花岡正智, 久保隆彦, 左合治彦:Rh(D)陰性妊婦への免疫グロブリン投与の適応拡大に関して. 産婦人科の実際(0558-4728)61巻9号 Page1369-1374(2012.09)
11)花岡正智, 久保隆彦:周産期医が習得したい専門的手技 -産科編- 弛緩出血. 周産期医学(0386-9881)42巻11号 Page1447-1451(2012.11)
12)花岡正智, 久保隆彦 : 産後の麻疹、風疹ワクチン接種とその意義 妊婦の抗体保有率の面から. 産婦人科治療102 : 187-190, 2011
13)花岡正智 国立成育医療研究センター 産科実践ガイド 改訂第2版 -EBMに基づく成育診療サマリー 1. 妊娠初期の感染症検査 B型肝炎、C型肝炎、梅毒 P2-5
14)花岡正智 国立成育医療研究センター 産科実践ガイド 改訂第2版 -EBMに基づく成育診療サマリー 2. 妊娠初期の感染症検査 麻疹、水痘、ムンプス P6-9
15)花岡正智 静脈血栓塞栓症(肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症) 産科婦人科疾患最新の治療 2016−2018 南江堂 P111-113

主な発表

第48回日本周産期・新生児医学会学術集会 シンポジウム「NICUと産科施設での予防接種による感染対策」シンポジスト「妊婦の麻疹、風疹、水痘、ムンプス抗体保有率の現状―妊産婦へのワクチン接種の試み―」

第44回日本周産期・新生児医学会学術集会ワークショップ「分娩時大量出血の対応」スピーカー「産科輸血例の臨床的検討」

19th World Congress on Ultrasound in Obstetrics and Gynecology 13-17 September 2009 Hamburg, Germany. Decrease in high human chorionic gonadotropin in twin-twin transfusion syndrome following fetoscopic lasersurgery(Poster).

略歴

2011年 獨協医科大学医学部医学科卒業
2011~2013年 獨協医科大学越谷病院にて研修
2013年 獨協医科大学越谷病院泌尿器科入局
2016年 獨協医科大学越谷病院リプロダクションセンター赴任
2017年~ はなおかIVFクリニック品川 男性診療科外来

2013年 日本泌尿器内視鏡学会 ヤングウロロジストアワード 腹腔鏡下手術所見からの腎盂尿管移行狭窄症の形態分類と術後経過
2014年 日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 Best Partner Prize ディベートコンテスト 腹腔鏡下腎盂形成術;どちらからアプローチする?経腹膜法アプローチ~Young Doctorからの視点~
2016年 日本アンドロロジー学会 学術奨励賞 Spermatogenesis of Tumor-bearing Testes in Germ Cell Testicular Cancer Patients.
2016年 日本生殖医学会 学術奨励賞 Spermatogenesis of Tumor-bearing Testes in Germ Cell Testicular Cancer Patients.


資格

  • 泌尿器科専門医
  • 生殖医療医

資格

原著論文
1)Suzuki K, Shin T, Shimomura Y, Iwahata T, Okada H. Spermatogenesis of Tumor-bearing Testes in Germ Cell Testicular Cancer Patients. Hum Reprod.2015 Dec;30(12):2853-8
2)鈴木啓介、宋成浩、岡田弘 腹腔鏡下手術所見からの腎盂尿管移行狭窄症の形態分類と術後経過 獨協医学会雑誌41(2): 167-172, 2014
著書
1)鈴木啓介 慎 武 宮田あかね 小堀善友 岡田弘
内分泌・糖尿病・代謝内科44(1):1-000, 2017 生殖にかかわる内分泌学の基礎と臨床
2)鈴木啓介 岡田 弘:後期研修医がおさえておきたい泌尿器疾患TOP30 泌尿器外科Vol.30 特別号 医学図書出版株式会社 Page360-366 2017
国際発表
2015 年 American Urological Association. Spermatogenesis of Tumor-bearing Testes in Germ Cell Testicular Cancer Patients.
2017 年 European Society of Human Reproduction and Embryology. Static oxidation-reduction potential of semen increases during storage at higher temperature: it is not best to store semen at 37 ºC.

略歴

1994年3月 東京慈恵会医科大学医学部卒業
1996年5月 東京慈恵会医科大学産婦人科入局
2004年4月 東京慈恵会医科大学大学院医学研究科入学
2010年5月 学位取得

資格

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会専門医

略歴

平成21年 福島県立医科大学卒業
平成23年4月 昭和大学産婦人科入局
平成24年7月 秦野赤十字病院 産婦人科
平成25年8月 昭和大学横浜市北部病院 産婦人科
平成27年10月 昭和大学 産婦人科
東京医科大学研究生

資格

  • 日本産科婦人科学会専門医

診療案内

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 ×

最終受付は19:00までとなります。

△・・・土曜は午前より引き続き診療17:00まで
(※最終受付枠は14:30になります。)

日曜祝日の診察は、特殊外来となります。(休診のこともあり)

※当院では小さなお子様を連れてのご来院はご遠慮いただいております。

診療案内

出産のおたより

子宝レシピ

大森の「はなおかレディースクリニック」での診察も可能です。

以下の方は 『はなおかレディースクリニック』(大森) で診察いたします。

  1. ブライダルチェック
  2. 未婚の方(妊娠可能な体か検査希望の方)
  3. お子様連れでの診察をご希望の場合

※ただし、採卵、移植前後は大崎での診察が必須になります。

はなおかレディースクリニック

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。

メディア掲載

スタッフ紹介 お電話またはメールでご連絡ください

はなおかIVFクリニック品川ブログ

すすぬ、まさちさん。のブログ