胚移植について

はなおかIVFクリニック品川 不妊治療、体外受精クリニック 0357595112 ネットで診療予約

胚移植について

卵子と精子の受精を確認したのち、受精卵をさらに培養液の中で育て分割を進行させて、採卵から2日目で4分割以上(受精卵の細胞が4個以上)、または 3日目で6分割以上(受精卵の細胞が6個以上)になったら子宮内に移植するのが基本的な流れです。この移植方法を初期胚(分割期胚)移植といいます。またその後もさらに分割を進んだ胚盤胞(はいばんほう;採卵してから5日目)という状態で、移植することも治療の選択肢です。初期胚と胚盤胞はそれぞれの基準に従ってグレード評価していきます(図:左が初期胚、右が胚盤胞)。

初期胚と胚盤胞
  1. 初期胚移植:受精後2-3日目の初期胚を移植する方法です。
  2. 胚盤胞移植:受精卵を5-6日間培養し、胚盤胞と呼ばれる着床準備状態の胚を移植する方法です。 胚盤胞移植は、移植あたりの妊娠率が初期胚移植より高いと言われています。しかし、胚盤胞まで育たない場合もありますので、移植方法は慎重に選択されるべきです。

・メリットとデメリット

2日目・3日目の初期段階で良好な胚であっても、移植後に胚盤胞まで発育する胚であるかどうかを見分ける事はできません。その点、胚盤胞移植では子宮に着床する直前の胚盤胞まで発育した成功率の比較的高い胚を移植することができます(最後まで見届けてからの移植)。

一方で、初期胚が胚盤胞の段階まで到達できるかは保証できません。胚がほとんど、あるいは全く発生することなく体外受精-移植周期を終了せざるを得なくなる可能性があります。体外で発生が止まってしまった胚をもっと早くに子宮に移植していたら生存していたかもしれない可能性があります(体内の方がより良い環境であった可能性)。不妊の原因と体外受精の経歴を考慮しながら、個々の患者さまと医師が相談の上に胚盤胞移植が適切な選択肢かどうかを判断する必要があります。

・胚移植についてのきまり

日本産科婦人科学会の会告(平成20年4月)により、『生殖補助医療の胚移植において、移植する胚(受精卵)は原則として単一とする』と定められています。ただし、35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2個の胚移植を許容するとされています。

正常な発育が明らかに不可能と考えられる受精卵と未受精卵の取り扱いについて
  1. 多精子受精卵など、正常な発育が明らかに不可能と考えられる受精卵については子宮に移植しません。その後は法や日本産科婦人科学会の定めるところに従い、受精卵を丁重に取り扱います。
  2. 移植が不可能な場合(受精卵の発育遅延や未受精)は、担当医師よりご説明させて頂きます。
  3. 移植不可能な胚・卵子の取り扱いにつきましては、患者さまご夫婦の承諾を得て破棄処分とさせて頂くことがあります。

診療案内

診療時間
9:00~12:00 ×
15:00~19:00 ×

最終受付は18:30までとなります。

△・・・土曜は午前より引き続き診療17:00まで
(※最終受付枠は14:30になります。)

日曜祝日の診察は、特殊外来となります。(休診のこともあり)

※当院では小さなお子様を連れてのご来院はご遠慮いただいております。

診療案内

出産のおたより

大森の「はなおかレディースクリニック」での診察も可能です。

以下の方は 『はなおかレディースクリニック』(大森) で診察いたします。

  1. ブライダルチェック
  2. 未婚の方(妊娠可能な体か検査希望の方)
  3. お子様連れでの診察をご希望の場合

※ただし、採卵、移植前後は大崎での診察が必須になります。

はなおかレディースクリニック

院長と理事長の患者さんへの思い「ママ、待っててね!」が本になりました!
お近くの書店、またはクリニックにて購入できます。

メディア掲載

スタッフ紹介 お電話またはメールでご連絡ください

はなおかIVFクリニック品川ブログ

すすぬ、まさちさん。のブログ